ホーム » 経営トピックス » 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善 » 「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略)

「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略)

大手食品スーパーの鮮魚部門では、大量仕入により魚の値段を引き下げる努力をしています。

 

「企画物」と呼ばれるこの商品仕入では、「標準的」なサイズや品質の魚がお店に大量に入荷されます。

 

一方で、繁盛している専門店では、大手スーパーの「標準物」に対して、「大」や「小」の商品を仕入れています。

 

「大」や「小」の商品、より良質な魚でしか味わえない食べ方まで添えてお客様に魚を販売しています。

 

どういう料理の仕方をしたらよりおいしく食べられるのか。どんなものとセットで食べたらよりおいしいのか。

 

魚を売るだけでなく、魚のおいしい食べ方までセットにして売ることで、「大」や「小」の少量仕入でも利益を上げているのです。

お問合せ

株式会社マージングポイントのメールアドレス

株式会社マージングポイントのお問い合わせ