ホーム » 経営トピックス » 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善 » 「全員に料理をさせて性格判断をすること」→(リーダーシップ)

「全員に料理をさせて性格判断をすること」→(リーダーシップ)

初めてクライアントの店舗に行ったら、全員に包丁を使って魚をさばいてもらいます。

全員一斉に調理をしてもらうことで、全員の性格を言い当てることができます。

 

私がこの時に注意しているのは4点。

(1)衛生感がある服装や振る舞いをしているか。(そういう人は周りから信頼されます)

(2)調理しながらも周りに気配りや目配りをしているか。(そういう人は部下の面倒見がいい人です)

(3)包丁の使い方が確実に安全であるか。(上手であるかよりも確実に安全な使い方をしているかどうかが他の人にも指導させられるかの大きなポイントになります)

(4)言葉を適切に使っているか。(使っている言葉のなかにリーダーとしての資質がうかがわれます)

 

私がこの作業を早めの段階で行うのは、全員の性格を早めに知るためです。

そして、さらに重要な理由としては、利益改善のためのリーダー格となる候補を見極めるためです。

店舗の利益改善には、はじめにリーダー候補を選び、リーダー候補をリーダーに育て上げ、そこからお店全体の改善を図っていきます。

当社では、あなたの会社にもいる潜在的なリーダーを再発見し、会社全体の改善を図っていきます。

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ