ホーム » 経営トピックス » 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善 » 「リーダー格以外の店員を動かす方法」→(フォローワーシップ)

「リーダー格以外の店員を動かす方法」→(フォローワーシップ)

お店の利益改善には、早めにリーダー候補となる職人を見抜き、リーダーに育てていくことが大切です。

もっとも、その他の職人や店員もリーダーの指示にしたがって実際に動かないと効果はありません。

リーダー格以外の店員を動かすのも、利益改善には不可欠です。

ここでのポイントは「自らが動くか」と「他の人達やお店全体のことが考えられるか」の2点。

「自ら動く」ためには、作業を徹底的にマニュアル化し、チェックリストを作成、より具体的にやるべきことを示してあげること。

今の若い人達は何もないとどうしたらいいかわからない。でも何が大切か示してあげれば意外と自分から動くもの。

「他の人達やお店全体のことが考えられるか」は、どれだけそのお店のトップが魚への思いいれの強さをもっているかで大体決まる。

トップが魚を愛し、お客様に喜ばれるお店作りを心掛けていると、自然とその他の店員も自分の仕事にプライドと誇りをもつようになる。

そういうお店では、自分のことしか考えられない店員はとっても少ないものです。

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ