ホーム » 最新ニュース » 第一勧業信用組合の評議員&アドバイザーに就任

第一勧業信用組合の評議員&アドバイザーに就任

サステイナビリティー経営や地域密着型金融機関として有名な第一勧業信用組合の評議員&アドバイザーに就任いたしました。

みずほ銀行常務でもあった新田新行理事長のリーダーシップのもとで、「人とコミュニティーの金融」、「育てる金融」、「志の連携」という経営理念を実行し、日本の金融に新たな価値を提供している第一勧業信用組合。

一般社団法人スマートワーク推進機構において新田理事長とともに理事を務めているご縁で、第一勧業信用組合の評議員&アドバイザーに就任いたしました。

第一勧業信用組合は世界55金融機関で構成されている持続可能な経済・社会・環境の発展に貢献するためのアライアンスであるGABVに日本で初めて加盟している金融機関でもあります。

地域密着型金融機関だからこそ提供できる価値には様々な可能性があると確信しています。

デジタルトランスフォーメーション時代だからこそ、金融機関に残されるべき「レガシー」として活かされる店舗や人の可能性。
 
そんな第一勧業信用組合の評議員&アドバイザーとしても社会的問題と対峙し、新たな価値を提供していくことに貢献していきたいと思います。
 

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

田中道昭

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss