ホーム » ニュース » GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

日本経済新聞出版社より、新刊の4月10日出版が決まり、アマゾンのサイトでもアップされました。

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)

BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)

米中メガテック企業8社の戦略を最新情報を交えて平易に分析しています。

1社ごとに詳細な分析を行うのとともに、2社間比較、3社間比較、4社間比較、そして8社間比較なども行っています。

またグローバルPEST分析(政治・経済・社会・テクノロジー分析)の観点から、米中の新たな戦いについても詳細に分析しています。

ビジネス書としては通常の書籍の3-4倍となる初版1万2千部での刊行となりました。

お仕事などでのご参考にしていただけたら幸いです。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

田中道昭

お問合せ

株式会社マージングポイントのメールアドレス

株式会社マージングポイントのお問い合わせ

  • 株式会社マージングポイントの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 株式会社マージングポイントのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 株式会社マージングポイントに問い合わせ
  • rss