ホーム » 最新ニュース » 『東洋経済オンライン記事』

『東洋経済オンライン記事』

『東洋経済オンライン記事』

 ソフトバンクグループとバークシャー・ハサウェイを比較分析、それぞれの「投資会社」としての特徴について分析いたしました。

 分析して明らかになったのは、「世界で最も利益を上げている上場企業」であるバークシャー・ハサウェイとの鮮明な相違点です。膨大な純利益と営業キャッシュフローを生み出し、膨大なキャッシュを保有する同社。日本では投資会社というイメージが強い一方で、実際にはリアルビジネスとして保険、鉄道、電力・エネルギー、製造、小売り、サービスなどでしっかり現金を生み出している手堅さがある企業。

 私は、時価総額が世界第6位という点においても、逆レバレッジや財務上のリスク顕在化を防いでいくためにも、ソフトバンクグループが本来、最も参考にするべき企業ではないかと考えています。

記事はこちらから。

田中道昭

 

 

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss