ホーム » 最新ニュース » 『ロイヤルホールディングス菊地会長との対談』:ロイヤルホールディングスが描く外食産業の未来(デジタルシフトタイムズ)

*pagetitle*]

『ロイヤルホールディングス菊地会長との対談』:ロイヤルホールディングスが描く外食産業の未来(デジタルシフトタイムズ)

外食産業の雄、ロイヤルホールディングスの菊地会長。「おもてなし×Tech」など、テクノロジーやデジタル化は外食産業には本来融合性が高いとのご見識をおもちの菊池会長は、デジタルシフトをどのような目的でどのように活用しようとしているのか、その戦略を詳しくおうかがいいたしました。

従来であれば二律背反関係にあった外食の現場における「手軽さ」と「上質さ」を同時に解決していくことにデジタルシフトを活用していきたいと語った菊池会長。

さらには、自身が「事業の中核としての二軸」と考える「食」と「ホスピタリティ」の両方をテクノロジーによる同時性の解消によってアップデートし、お客様、従業員の双方にとってハッピーなストーリーを創造していきたいと述べた菊池会長。

デジタルシフトだけではなく経営のヒントが満載の対談、是非とも実際の記事をお読みいただければ幸いです。

記事はこちらから。

引き続きよろしくお願いいたします。

田中道昭



 

 

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss