ホーム » 田中道昭 公式サイト » スーパーマーケット 仕入

スーパーマーケット 仕入

商圏分析の手法と実際

...来る消費者が住んでいる範囲をいい、買回商圏とは買回品を買いに来る消費者が住んでいる範囲をいう。 このようなことから、商圏規模は施設や店舗の業態や規模によっても大きく異なる。日常的に利用するスーパーマーケットの場合、一般的には、駐車場付きで自動車で5-10分程度、なければ自転車で5-10分程度となる。コンビニエンスストアの場合には、その特性からさらに商圏は狭くなり、通常は徒歩で5-10分程度とな...

続きを読む

多様な選択肢から最適な資金調達を構築する

...明確化させた上で、多様な選択肢からそれらの目的を達成していくのに最も適したものを選ぶことが大切です。 自社や事業の目的を明確化させることが最も重要 会社経営を巡っては、もとより顧客、債権者、仕入先、従業員、行政及び規制官庁等様々なステークホールダーが様々な目的をもって存在しています。今後更に事業を拡大し、外部からも積極的に経営面でのサポートや資金を導入していくこととなると、これらの関係当事...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...だきたい知識としては、費用は原価と経費に大きく分かれること、売上から原価を引いた利益を売上総利益あるいは粗利益といい、そこからさらに経費を引いた利益を営業利益ということです。そして、原価とは、商品を仕入れたり製造したりするのに必要な費用のこと、経費とは、商品を売るのに必要な販売管理費のことをいいます。  魚屋の利益構造も、上記のように、売上から魚を仕入れて切り身などとして売るために必要な費用で...

続きを読む

「魚の利益構造を分解する」→(利益戦略)

...「魚の利益構造を分解する」→(利益戦略) 魚の利益構造には4つの段階があります。   まず始めに、魚の仕入価格があります。ある鯛を100円で仕入れたとしましょう。これを商品原価といいます。 商品原価の引き下げには「バイヤーの技術」が重要です。   2番目には、歩留まり原価があります。10...

続きを読む

「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略)

...「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略) 大手食品スーパーの鮮魚部門では、大量仕入により魚の値段を引き下げる努力をしています。   「企画物」と呼ばれるこの商品仕入では、「標準的」なサイズ...

続きを読む

業績改善のための3C分析

...それでは、街の魚屋を題材にして3C分析を見ていきましょう。 大手スーパーの鮮魚部門は品揃えも豊富で価格も魅力的です。普通の街の魚屋では簡単には太刀打ちできません。大手スーパーでは全国レベルで大量仕入をしており、それが低価格で販売できる大きな要因となっています。  このような状況のなかで、街の魚屋ではどのように大手スーパーの鮮魚部門に対抗していったらいいのでしょうか?  ここで最も役に立...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ