ホーム » 田中道昭 公式サイト » ビル 業界分析

ビル 業界分析

商圏分析の手法と実際

...商圏分析の手法と実際 商圏分析の意義 ショッピングセンター、アミューズメント施設、温浴施設、複合施設等の商業施設においては、オフィスビル等の一般的な不動産物件タイプと違って、建物への入居者やテナント付けを行っていくばかりでなく、入居した後でも施設への一般顧客への集客という行為が不可欠となるのが大きな特徴だ。このようなことから、これら...

続きを読む

商業施設のリーシング戦略

...る。一般的には、1階の賃料水準を100とした場合に、地下1階:75、2階:80、3階65というデータも指摘されている。もっとも、施設タイプが郊外の2層式大型施設の場合、駅に2階から接続している専門店ビルの場合などにおいては、2階部分も賃料水準が100に近いこともあり、「タテの立地条件」はケースバイケースであることに注意が必要だ。同様に、テナント側の業種業態によっても「タテの立地条件」は大きく異なる...

続きを読む

綜合ユニコム主催「ホワイトオーシャン戦略による売上・利益向上手法セミナー」のお知らせ

...した。   http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/2012/0406.html   2012年4月10日(火)18時より、飯田橋レインボービル会議室にて開催されます。大変恐れ入りますが、お申込は綜合ユニコムまで直接お願いいたします。   なお、同社のメイン雑誌である月刊レジャー産業において本年4月号からホワイトオーシャン戦略につい...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ