ホーム » 田中道昭 公式サイト » ベンチャービジネス 特性

ベンチャービジネス 特性

商圏分析の手法と実際

...も重要であり、この段階でのより妥当性の高い分析が、実際の運営後の成否を大きく左右すると言っても過言ではないだろう。 本稿では、商業施設における商圏分析の手法と実際を紹介していきたい。 商圏の特性と分類  商圏とは、日常的に消費者が来店できる地理的範囲のことであり、そのなかに分布している消費者の数を商圏人口と言う。施設所在地の都道府県や市町村等の行政単位人口ではなく、自動車や徒歩での移動...

続きを読む

商圏分析と売上方程式

...例を紹介したい。 売上方程式とは、「売上=数量×単価」のように、売上を構成する要因を「因数分解」して売上を分析する手法である。どのように「因数分解」したら効果的であるのかは、対象となる商業施設の特性によっても異なるが、来店客数に着目した売上方程式(「売上=来店客数×客単価」)、販売数量に着目した売上方程式(「売上=販売数量×1品当り単価」)、売場面積に着目した売上方程式(「売上=売場面積×坪効...

続きを読む

成長戦略としてのM&A

成長戦略としてのM&A ベンチャー企業には、上場企業や中堅企業とは大きく異なる特性があり、これらの段階の企業と同様のスタンスでM&Aに取り組んでいくのは得策ではありません。 ベンチャー企業がM&Aを成功させていくためには、そもそもベンチャービジネスの特性、ベンチャー投資のポイント、ベンチャー企業が成功するポイントなど、ベンチャー企業の経営戦略の原点に立ち返った上で戦略を構築する必要があります。 このような観点から、ベンチャー企業に適したM&A戦略とともに、M&A取引成功のポイントをアドバイスしていきます。 ...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...す。  それでは、魚屋におけるKSFは何でしょうか?  それは、魚を商品として見た場合の大きな特徴である鮮度です。  鮮度とは、商品がどれだけ新鮮なのかということ。 鮮魚の最大の特性は、変質や腐敗がしやすいこと。魚が市場からお店の到着し、実際にお客様に販売されるまでの経過時間や管理状況などの鮮度管理が、魚屋のKSFなのです。  魚屋のビジネスにおいては、鮮度はお客様を引き寄...

続きを読む

中規模商業施設のバリューアップ・再生戦略

...に、対象商圏の消費者・マーケットの正確な把握が中規模商業施設では特に重要であることから、前回の連載でも述べた通り、当社グループでは「商圏分析」と「商業施設の売上方程式」を併用して対象商圏の市場規模や特性の分析・評価を行っている。「商圏分析」においては、図表3の通り、「商圏人口分析」と「対象商業施設の評価」を踏まえて、「売上方程式」を活用しながら、来客予測や売上予測を実施している。「商業施設の売上方...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...とです。  それでは、魚屋におけるKSFは何でしょうか?  それは、魚を商品として見た場合の大きな特徴である鮮度です。  鮮度とは、商品がどれだけ新鮮なのかということ。 鮮魚の最大の特性は、変質や腐敗がしやすいこと。魚が市場からお店の到着し、実際にお客様に販売されるまでの経過時間や管理状況などの鮮度管理が、魚屋のKSFなのです。  魚屋のビジネスにおいては、鮮度はお客様を引き寄...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ