リーシング

中規模商業施設のバリューアップ・再生戦略

...ながら、テナントミックスについては、キーテナントであるGMSの撤退や入れ替え可能性も同時に考慮しつつ、通常は「有力64パターン」及び「最有力8パターン」を策定した上で、対象施設のプロデュース業務やリーシング業務を行っている。 ①市場規模が小さいことから、なるべく多くのカテゴリーや品種を品揃えすること。 ②買上点数アップ等により、一人当りの消費額を増やすことに貢献するものであること。 ③...

続きを読む

商業施設のプロデュース手法

...る土地において何がHighest & Best Useとなるのかを検証することが先決であり、商業施設に適さない場所で事業を遂行することのないようにすることが重要だ。 プロデュースと一体のリーシング戦略 商業施設や複合施設プロジェクトを成功に導くためには、企画の段階からプロジェクト・コンセプトを明確化し、魅力的なテナント企業を誘致、施設全体の魅力度・集客力・ブランド力を高めていく努力が...

続きを読む

商業施設のリーシング戦略

...商業施設のリーシング戦略 リーシング戦略の全体構造とプロセス 本章では、商業施設のバリューアップ・再生戦略として、商圏分析の手法と実際、再生戦略の事例等について考察してきた。今回は、商業施設のバリューアップ・...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ