商品 価値

当社の理念・ビジョン

...(2)「経営戦略×企業財務×行動科学」実戦的アプローチにより、独自性・戦略性・信頼性の高いソリューションを提供すること   (3)ミッションマネジメントを通じてクライアント企業の使命感や社会価値の向上に貢献していくこと   (4)メンタリングマネジメントを通じて会社や人を元気付け、組織のバイタリティーを強化することに貢献すること   (5)「個」(一個人・一企業・一国)とし...

続きを読む

経営コンサルティングへの思い

...だくことにいたしました。お客様以外の方々にも、広くお読みいただければとても嬉しく思います。   お客様の業績改善には、戦略と戦術両面からの攻略が不可欠だと思っています。短期的かつ具体的には、商品やサービスレベルまでのシンプルで明快な戦術が必要です。その一方で、未来志向で将来の見通しをより明るいものにしていくためには戦略が必要です。その二つを同時に高い一貫性をもって実行していくことが、業績改...

続きを読む

利益向上

利益向上 当社では、利益向上方程式、店舗収益力アップ、商品収益力アップ、顧客収益力アップ、組織収益力アップ、価格戦略、損益分益点分析、限界利益、付加価値分析、バリューチェーン改善などのツールを活用して利益向上を実現していきます。 特に大切にしている利益改善策には以下のようなものがあります。 限界利益や損益分岐点に着目した利益戦略の策定と実行 ...

続きを読む

ミッション/戦略

ミッション/戦略 当社のサービスは、商品・サービス段階での利益向上、事業・店舗段階での利益向上、経営戦略段階での全社的な収益性向上まで、現場のオペレーションレベルから会社全体の事業収益性向上まで、企業の戦略ピラミッドに対して一気通貫で 業績の向上を実現、あわせて時価総額の増大を図っていくところに大きな特徴があります。   そのなかでも当社ではミッションを重要視しています。これは、顧客への引力が強く、従業員への求心力が高く、株主から共感性が高いのは、使命や価値観に忠実なビジネスと考えるからです。 そして、明快で共感性の高いミッションも、実際の企業行動や事業そのものに反映されてこそ初めて意義をもつものです。このようなことから、戦略ピラミッドに対して一気通貫で総合的にプロジェクトを遂行しています。 ...

続きを読む

商圏分析の手法と実際

...かに分布している消費者の数を商圏人口と言う。施設所在地の都道府県や市町村等の行政単位人口ではなく、自動車や徒歩での移動時間で地域を区分するのが正確な方法だ。  商圏は、対象となる商業施設や個店の商品・サービスの特性によって分類される。商品・サービスの最も典型的な分類としては、最寄品・買回品があり、前者は一般の家庭で日常的に使っているもの(食料品、医薬品、金物等)、後者は品質・デザイン・価格など...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...ある。対象となる商業施設における「客数」の最も基本的な「分母」となるものは、図表2の通り、「通行客数」である。消費者が、対象となる商業施設や物販・飲食等の個店を認識し、実際に立ち寄り、最終的にそこで商品・サービスを買上げるか否かは、これらの店舗前を通行する客数(郊外店舗等の場合には車での通行量)が基本になっているわけだ。ここでは、対象となる店舗前を通行した消費者(「通行客」)のうち、実際に同店舗を...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ