ホーム » 田中道昭 公式サイト » 商圏分析 商業施設開発

商圏分析 商業施設開発

売上向上

...売上向上 当社では、売上向上方程式、商圏分析、集客力アップ、ITの活用による売上アップ「リアル×ネット」による売上アップ、O2Oの活用による売上アップ、売上アップのための営業戦略などを活用して売上向上を実現していきます。   当社の特徴...

続きを読む

売上向上のための「売上方程式」分析①

...売上向上のための「売上方程式」分析① 当社では、定性・定量分析や商圏分析・市場調査等に基づき、売上増大や集客力アップを目的とする貴社事業に則した詳細な売上方程式を策定します。   ...

続きを読む

商圏分析の手法と実際

...商圏分析の手法と実際 商圏分析の意義 ショッピングセンター、アミューズメント施設、温浴施設、複合施設等の商業施設においては、オフィスビル等の一般的な不動産物件タイプと違って、建物への入居者やテナン...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...それぞれを「対象顧客数×来店頻度」、「品揃え等の魅力度×購買頻度」等に分解している。図表1のピラミッドのインフラストラクチャーを形成しているのは、本章第1回目(2008年2月号連載)でも紹介した「商圏分析の10大ポイント」である。実務的には、これらの10大ポイントの各要素も活用しながら、定性・定量分析を行い、対象となる商業施設に最も適した売上方程式を策定していくことになる。尚、来店頻度や購買頻度等...

続きを読む

商圏分析と売上方程式

...商圏分析と売上方程式 商圏分析と売上方程式 このホームページにおいては、「商圏分析の手法と実際」や「商業施設の売上方程式」を紹介してきた。商業施設のバリューアップ・再生戦略においても、商圏分析と売...

続きを読む

中規模商業施設のバリューアップ・再生戦略

...、まず最初に実施するのはバリューアップ・再生可能性の検討だ。この作業は、基本的に後で述べる「分析・評価」のプロセスと同様ではあるが、当該案件に正式に取り組むかどうかの大局的な見極めとしては、特に「商圏分析・施設評価の10大要因分析」を活用している。 特にそれらのなかでも、立地、施設面積、人や自動車の動線や交通量が、対象施設がバリューアップ・再生できるか否かの重要な判断材料となることが多い。商業...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ