ホーム » 田中道昭 公式サイト » 売上分析 食品スーパー

売上分析 食品スーパー

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...済全体が好況の時に調子がいい業種、不況の時にでも比較的堅調な業種があります。    現在のような不況期においては、上場企業のデータなどを見ると、小売業全体の売上が低迷しているなかで、食品スーパー会社は比較的健闘していることがわかります。    そのなかでも、特に「生鮮3品」と呼ばれている鮮魚・青果・精肉の売上は底堅い動きとなっています。    これは、食品のなかでも、こ...

続きを読む

「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略)

...「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略) 大手食品スーパーの鮮魚部門では、大量仕入により魚の値段を引き下げる努力をしています。   「企画物」と呼ばれるこの商品仕入では、「標準的」なサイズや品質の魚がお店に大量に入荷されます。   一方...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...おいては、経済全体が好況の時に調子がいい業種、不況の時にでも比較的堅調な業種があります。  現在のような不況期においては、上場企業のデータなどを見ると、小売業全体の売上が低迷しているなかで、食品スーパー会社は比較的健闘していることがわかります。  そのなかでも、特に「生鮮3品」と呼ばれている鮮魚・青果・精肉の売上は底堅い動きとなっています。  これは、食品のなかでも、これらの3部門が特...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ