ホーム » 田中道昭 公式サイト » 定性分析 定量分析

定性分析 定量分析

アプローチ手法

戦略策定の手法、企業ポジションの向上、右脳×左脳活用によるソリューションの提供、人や組織を動かす「共感」を生み出していくこと、定量分析=定性分析=現場のプロ勘、「分析」とは「目で見てわかるようにすること」など。 プロジェクトの全体構造事例 プロジェクト前半の作業内容事例 プロジェクト後半の作業内容事例 ...

続きを読む

売上向上

...リアル×ネット」による売上アップ、O2Oの活用による売上アップ、売上アップのための営業戦略などを活用して売上向上を実現していきます。   当社の特徴の一つとして、貴社のビジネスに応じて、定性・定量分析や商圏分析・市場調査等に基づき、売上増大や集客力アップを目的とする詳細な売上方程式を策定します。   「ホワイトオーシャン戦略」においては、あなたの会社が既に潜在的にもっている強みを再定義し、...

続きを読む

売上向上のための「売上方程式」分析①

...売上向上のための「売上方程式」分析① 当社では、定性・定量分析や商圏分析・市場調査等に基づき、売上増大や集客力アップを目的とする貴社事業に則した詳細な売上方程式を策定します。   ...

続きを読む

商圏分析の手法と実際

... 商圏分析手法のモデルとしては、古典的なものとして、ライリーの法則やハフモデルなどがある。これらの商圏分析モデルは、「ある消費者がある商業施設を選択する確率は、売場面積に比例する一方、二者間の距離に反比例する」との考え方を前提にしているのが特徴だ。実務的には、これらの商圏分析モデルを活用しながらも、それぞれの商業施設の特性や規模等に応じて、様々な定性分析定量分析を実施していくことになる。 商圏分析、来店者予測、売上予測等において大きな影響をもつものとしては、以下の要因が指摘される。 ①店舗面積 ②建物構造 ③視認性 ④動線 ⑤駐車場台数 ...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...ッドのインフラストラクチャーを形成しているのは、本章第1回目(2008年2月号連載)でも紹介した「商圏分析の10大ポイント」である。実務的には、これらの10大ポイントの各要素も活用しながら、定性・定量分析を行い、対象となる商業施設に最も適した売上方程式を策定していくことになる。尚、来店頻度や購買頻度等、対象となる商業施設にどれだけ来店した上で、実際にそれだけの消費を行うか(いわゆる「コンバージョン...

続きを読む

商圏分析と売上方程式

...の評価が指摘される。これらの評価に当っては、ヒヤリングやアンケート等を含む各種の実地調査や比較分析を実施するが、中核となる作業は、第1回目でも紹介した「商圏分析の10大ポイント」を活用しての定性・定量分析だ。 これらのプロセスを踏まえて来店客数予測や売上予測を実施していくことになるが、特に売上予測においては、各種の「売上方程式」も併用しながら、「商圏分析の10大ポイント」を統計解析と比較分析両...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ