ホーム » 田中道昭 公式サイト » 新人 経営知識

新人 経営知識

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...の切り身や刺身を作れるのか、どれだけ販売可能な生肉部分を残せるのかは、魚をさばく職人の技術に大きく依存しているのです。「1匹1キログラムの魚を腕のいい職人が調理した場合には700グラムの生肉が残り、新人の職人が調理した場合には500グラムの生肉しか残らない」と業界ではよく言われています。  魚の販売価格が生肉のグラム当りで同一だったとすると、どれだけの生肉を調理した後で残せるかがお店の利益に直...

続きを読む

業績改善のための行動科学

...業績改善のための行動科学 魚を通じてお客様に喜んでいただきなさい。→行動科学 4月は、魚屋でも新入社員が入ってくる時期です。 鮮魚部門に入ってくる新人には、3つのことだけまずは覚えなさいと言っています。 一つ目は、商品である魚をよく知ること。 二つ目は、その魚に強いこだわりや思いをもてるようになること 三つ目は、自分が食べておいしいと...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...の切り身や刺身を作れるのか、どれだけ販売可能な生肉部分を残せるのかは、魚をさばく職人の技術に大きく依存しているのです。「1匹1キログラムの魚を腕のいい職人が調理した場合には700グラムの生肉が残り、新人の職人が調理した場合には500グラムの生肉しか残らない」と業界ではよく言われています。  魚の販売価格が生肉のグラム当りで同一だったとすると、どれだけの生肉を調理した後で残せるかがお店の利益に直...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ