ホーム » 田中道昭 公式サイト » 来店頻度 カード

来店頻度 カード

商圏分析の手法と実際

...。特に、会員組織をもつ事業者では、実際の会員のデータから来店者予測を行っており、相対的に高い予測精度となっている。典型的な来店者予測の算式は以下の通りである。 来店者予測=商圏人口×顧客化率×来店頻度   商圏人口:  上記(1)で算定   顧客化率:  対象となる施設に経常的に顧客となる割合。上記(2)等で算定   来店頻度:  対象となる施設に1ヶ月当り来店する頻度。上記(2)...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...「顧客数=席数×満席率×回転率」が基本形となっている。 商業施設の売上方程式事例 図表1は、商業施設の売上方程式の事例である。売上を来店客数と客単価に分解した後で、それぞれを「対象顧客数×来店頻度」、「品揃え等の魅力度×購買頻度」等に分解している。図表1のピラミッドのインフラストラクチャーを形成しているのは、本章第1回目(2008年2月号連載)でも紹介した「商圏分析の10大ポイント」である...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...「通行客数」、「視認率」、「入店率」、「買上率」等である。この内、本稿のテーマでもある立地条件の根幹を成すものが、「通行客数」や「視認率」である。図表2でも示したように、「入店率」、「買上率」、「来店頻度」等は、立地戦略よりは店舗戦略やマーケティング戦略に属する内容であり、詳細は別稿において紹介していきたい。 立地条件の特徴 このように、立地条件を決定付ける最も重要なファクターは対象立地に...

続きを読む

ホワイトオーシャン戦略の事例

... 多額のIT投資をして構築したものの会員数が増えていなかったモバイルシステムに対して簡単な顧客誘導の仕組みを採用、モバイル会員を急速に増加させ業績改善 ホワイトオーシャン戦略の事例(3) 導入はしていたものの実際にはフル活用されていなかったポイントカードをフル活用、顧客の来店頻度や客単価を向上させ業績改善を実現 ホワイトオーシャン戦略の事例(4) 導入はしていたものの実際にはフル活用されていなかった電子クーポンをフル活用、顧客の来店頻度や客単価を向上させ業績改善を実現 ...

続きを読む

ホワイトオーシャン戦略による「科学的」業績改善手法

...ホワイトオーシャン戦略による「科学的」業績改善手法 ポイントカードのフル活用方法 電子クーポンのフル活用方法 データベースのフル活用方法 「在庫数×回転数×商品単価」改善手法 「科学的」ロイヤルカスタマーの作り方 ...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ