ホーム » 田中道昭 公式サイト » 構想設計 プロセス 詳細設計

構想設計 プロセス 詳細設計

商圏分析の手法と実際

...ていくばかりでなく、入居した後でも施設への一般顧客への集客という行為が不可欠となるのが大きな特徴だ。このようなことから、これらの商業施設の新規開発やリニューアル戦略を構築する際には、商圏分析というプロセスが重要になる。 商圏分析は、より具体的には、来店者予測、売上予測、競合分析、出店戦略等の中核を占める作業だ。また既存施設のリニューアル戦略策定の上でも、既存店の再生や売上改善のためにも重要であ...

続きを読む

商圏分析と売上方程式

... 商圏分析の実際  図表1は、当社グループにおける商圏分析の実際をチャート化したものである。商圏分析は、対象となる商業施設における来店客予測や売上予測を行うために実施するものであるが、最初のプロセスとしては、商圏人口の算定を実施することが挙げられる。商圏人口の算定に当っては、データベースを使った簡易評価を行った後で、徒歩や自動車での実地調査を行うプロセスとなる。 次の作業としては、対象と...

続きを読む

不動産事業プロデュース手法

...不動産事業プロデュースの手法 事業プロデュースにおいて重要なことは、総合的かつ包括的に対象事業の全体と部分が見えていること、スタートからフィニッシュまでプロセスが見えていること、ゴールのイメージが明確に見えていることなどです。 当社では、お客様における戦略と戦術の実行をサポートしています。その一環として、様々な事業のプロデュースや商品・サービスのプロ...

続きを読む

「調理と料理の違い」→(付加価値の向上)

...「調理と料理の違い」→(付加価値の向上) 魚がお客様の口に届くまでには、「調理」と「料理」の2つのプロセスがあります。 「調理」とは、魚を切り身などに加工すること。 「料理」とは、実際にそのまま食べられるように加工すること。 魚屋で行う作業の大半は、魚を切り身などの状態に加工...

続きを読む

業績改善のための3C分析

...り魅力的で優位なアイディアなら、せっかく考えた売れるための企画も台無しに終わってしまいます。大事なことは、3つのCを三位一体で分析すること。経営学の世界では、3つのCを三位一体で分析する3C分析のプロセスがとても重要なのです。 顧客、市場、競合を分析した結果、導かれた成功要因に対して、自分の会社の内部の分析から分かった成功要因との違いを見つけて、アクションを導きだすことができる、そのための有効...

続きを読む

業績改善のためのSWOT分析

...してリストアップする。 特に、2の「強みを残す」作業がとても重要となってきます。 2の作業を経て、導き出すことができた「強み」を、市場の「機会」とクロスさせる。そこで出た答えに焦点を当てるプロセスが一番大切です。 さらに、前述した3の作業を経て導き出した「弱み」を市場の「脅威」とクロスさせてみます。すると、その事業そのものを撤退することが英断だった、という結果も多々あったりするのです。...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ