ホーム » 田中道昭 公式サイト » 温浴施設 商圏

温浴施設 商圏

売上向上

...売上向上 当社では、売上向上方程式、商圏分析、集客力アップ、ITの活用による売上アップ「リアル×ネット」による売上アップ、O2Oの活用による売上アップ、売上アップのための営業戦略などを活用して売上向上を実現していきます。   当社の特...

続きを読む

売上向上のための「売上方程式」分析①

...売上向上のための「売上方程式」分析① 当社では、定性・定量分析や商圏分析・市場調査等に基づき、売上増大や集客力アップを目的とする貴社事業に則した詳細な売上方程式を策定します。   ...

続きを読む

商圏分析の手法と実際

商圏分析の手法と実際 商圏分析の意義 ショッピングセンター、アミューズメント施設、温浴施設、複合施設等の商業施設においては、オフィスビル等の一般的な不動産物件タイプと違って、建物への入居者やテナント付けを行っていくばかりでなく、入居した後でも施設への一般顧客への集客という行為が不可欠となるのが大きな特徴だ。このようなことから、これらの商業施設の新規開発やリニューアル戦略を構築する際には、商圏分析というプロセスが重要になる。 ...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...、それぞれを「対象顧客数×来店頻度」、「品揃え等の魅力度×購買頻度」等に分解している。図表1のピラミッドのインフラストラクチャーを形成しているのは、本章第1回目(2008年2月号連載)でも紹介した「商圏分析の10大ポイント」である。実務的には、これらの10大ポイントの各要素も活用しながら、定性・定量分析を行い、対象となる商業施設に最も適した売上方程式を策定していくことになる。尚、来店頻度や購買頻度...

続きを読む

商圏分析と売上方程式

...商圏分析と売上方程式 商圏分析と売上方程式 このホームページにおいては、「商圏分析の手法と実際」や「商業施設の売上方程式」を紹介してきた。商業施設のバリューアップ・再生戦略においても、商圏分析と...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...決定されるとも言われている。実際に定量分析してみると、業態によっては、店舗前通行客数の違いが、そのまま売上の違いに比例する個店も少なくない。 図表1に戻って、立地条件の構成要素を考察してみると、商圏人口(連載48回ご参照)、視認性、店舗構造が指摘される。視認性については、徒歩での来店が中心となる繁華街店舗と車での来店が中心となる郊外店舗とでは大きく定義が異なることに注意が必要だ。店舗構造におい...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ