美容室 採算

バリューアップ戦略事例

...ップ戦略を学んでいきます。 当社は、企業・事業・店舗・商品など様々な段階での実戦経験を有しています。対象商圏の市場規模や消費額の正確な把握と競合対策も含めたシェアアップのための店舗戦略を実行し、不採算店舗の再生を進めていきます。 assets/images/top/point08.jpg ...

続きを読む

不動産事業プロデュース手法

... 不動産プロデュースのための法的規制の基礎知識 建物ボリュームの算出 建築の配置計画 動線の計画 建築計画の視点 建築計画の主要ポイント III. 価格算定・採算分析事例 価格算定の手法 主な前提条件 賃料予測 価格算定 採算分析 近隣賃料・売買事例 当社では、お客様における戦略と戦術の実行サポートの一環として、様々な事業の...

続きを読む

中規模商業施設のバリューアップ・再生戦略

...ーテナントとの賃貸借契約の更新時期を迎えているところも多い。また本年4月には、イオンが100店舗にも及ぶ閉鎖を発表したように、キーテナントであるGMSにおいても、景気の低迷等を受けての本業不振から不採算店舗を閉鎖する動きを明確にしており、中規模商業施設全体の不透明感が高まっている。 図表1は、苦境に喘ぐ中規模商業施設の典型的な事例をチャート化したものである。当社グループでバリューアップ・...

続きを読む

商業施設のリーシング戦略

... 商業施設においては、同じ施設の中でも、フロアによって店舗適性が大きく異なってくる。一方で、フロアによって通行客からの視認性やアプローチの難易度も大きく異なってくる。一般的には、1階の賃料水準を100とした場合に、地下1階:75、2階:80、3階65というデータも指摘されている。もっとも、施設タイプが郊外の2層式大型施設の場合、駅に2階から接続している専門店ビルの場合などにおいては、2階部分も賃料水準が100に近いこともあり、「タテの立地条件」はケースバイケースであることに注意が必要だ。同様に、テナント側の業種業態によっても「タテの立地条件」は大きく異なる場合がある。例えば、美容室は1階よりも2階を好む傾向にある他、高級エステ等も羨望が良いことを前提として、上層階を好む傾向にある。 テナントミックスのエスキース、想定賃料の設定、施設全体の採算分析の実行に当っては、施設自体の立地条件のみならず、施設内の「タテの立地条件」も考慮する必要があることを強調しておきたい。 ...

続きを読む

III. 価格算定・採算分析

... 1.価格算定の手法 2.主な前提条件 3.賃料予測 4.価格算定 5.採算分析 6.近隣賃料・売買事例 ...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ