ホーム » 田中道昭 公式サイト » 資産 海外移転

資産 海外移転

田中道昭プロフィール

...ジネスデザイン研究科)教授。 シカゴ大学経営大学院MBA。専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジメント&リーダーシップ。 三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任...

続きを読む

利益向上

...ーチェーン改善などのツールを活用して利益向上を実現していきます。 特に大切にしている利益改善策には以下のようなものがあります。 限界利益や損益分岐点に着目した利益戦略の策定と実行 資産水準や経営インフラを維持する以上の売上を上げていくこと 限界利益率を向上させるためのプロダクトミックスや商材の強化 売上・利益対策としての新規顧客獲得・流出顧客減少・顧客固定化 ニーズの...

続きを読む

資金/財産

資金/財産 中小企業にとって設備投資を伴う資金調達は他の経営課題を同時に解決していく絶好のタイミングです。特に多くの中小企業では法人資産と個人資産が混在していることや経営者の世代交代の時期を迎えていることからも経営戦略の全ての側面を検討する必要があります。 通常は別々のものと考えられていますが、設備投資を伴う資金調達とともに考慮すると大きなメリットが得られる可能性があるものには、事業承継・資産承継等の相続対策、不動産の有効活用、節税等が指摘できます。 ...
... より有利な銀行借入を行うためのポイント 多様な選択肢から最適な資金調達を構築する 「JSFストラテジック・ファイナンス分析」 「JSFエクイティファイナンスのクライテリア」 財産管理:海外移転ストラクチャー 資産承継/相続:海外ストラクチャリングの一例 中小企業にとって設備投資を伴う資金調達は他の経営課題を同時に解決していく絶好のタイミングです。特に多くの中小企業では法人資産と個人資産が混在していることや経営者の世代交代の時期を迎えていることからも経営戦略の全ての側面を検討する必要があります。 ...

続きを読む

より有利な銀行借入を行うためのポイント

...る会社が十分な借入金返済能力を有しているのかという点が最終的に最も重視されることとなります。特に重要な財務変数としては、営業からのキャッシュ・フロー、その源となる収益性、債務の残高と支払金利の水準、資産の価値、不測の損失を吸収するための自己資本が挙げられます。また短期の支払能力を検討する上では、流動性に伴う各種の財務変数、特に流動資産の水準が重要となります。 定性分析(事業分析)の仕組みを理解...

続きを読む

多様な選択肢から最適な資金調達を構築する

...合研究所HPをご覧ください。 資金調達を経営戦略全体のなかで構築する 中小企業にとって設備投資を伴う資金調達は他の経営課題を同時に解決していく絶好のタイミングです。特に多くの中小企業では法人資産と個人資産が混在していることや経営者の世代交代の時期を迎えていることからも経営戦略の全ての側面を検討する必要があります。通常は別々のものと考えられていますが、設備投資を伴う資金調達とともに考慮すると...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ