飲食 経費率

商業施設の売上方程式

...程式の応用例としては、営業活動の成果を分析するのに用いられる訪問方程式(「売上=総訪問件数×受注率×受注単価」)、費用面の分析に用いられる費用方程式などがある。より具体的な事例としては、レストラン等飲食の売上方程式は、「売上=顧客数×客単価×営業日数×店舗数」、「顧客数=席数×満席率×回転率」が基本形となっている。 商業施設の売上方程式事例 図表1は、商業施設の売上方程式の事例である。売上...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...特に通行客数や買上率に着目して「因数分解」したものである。対象となる商業施設における「客数」の最も基本的な「分母」となるものは、図表2の通り、「通行客数」である。消費者が、対象となる商業施設や物販・飲食等の個店を認識し、実際に立ち寄り、最終的にそこで商品・サービスを買上げるか否かは、これらの店舗前を通行する客数(郊外店舗等の場合には車での通行量)が基本になっているわけだ。ここでは、対象となる店舗前...

続きを読む

商業施設のリーシング戦略

... リーシング戦略を実行していくためには、テナントの業種業態毎の賃料負担能力を把握することが重要だ。業種業態によって店舗適性が異なるように、賃料負担能力も異なるからだ。 商業の分野においては、賃料や共益費等の費用は不動産経費や不動産特有経費と呼ばれている。賃料負担能力や不動産経費については、売上高総利益との割合で比較されることが多く、「不動産経費率」と言った場合には、売上高総利益に占める不動産経費の割合を指している。業種業態で差異があるものの、一般に、物販における不動産経費率4割前後、飲食での同数値3割前後、食品での同数値2割前後となっている。テナントミックス策定やリーシングを実際に進めていく際には、想定されるテナントの売上高利益率や在庫回転率等を試算した上で、テナント側の賃料負担能力を算定しておくのが効果的だ。より具体的な賃料負担能力や支払可能賃料を求めるには、売上高、売上高総利益率、不動産経費率等の数値が入手できれば、かなり精度の高い試算が可能だ。 ...

続きを読む

朝日新聞朝刊への論評掲載

...ペーンが成功するポイントについての論評が掲載されました。 *引用:立教大大学院の田中道昭教授(マーケティング)は、「月末の金曜日は一般的に業務が多く、早く帰れる人は限られる。担い手となる小売りや飲食、サービス業などの中小企業は人手不足が深刻なうえ、逆に忙しくなる。このままでは定着しないだろう」と話す。 【中略クールビズや省エネルック、新生活運動、キッズウイークなどを解説)】 田中教授...

続きを読む

『テレビ朝日・グッド!モーニング』で「出前館×ウーバーイーツ買収」についてコメント

...コメントから、WBSでは綿密な取材に基づき確証をもって報道しているものであると感じました。  出前館やウーバーイーツが展開しているフードデリバリーは「投資先行型×規模の経済型」のビジネス。顧客や飲食店に認知してもらうための販促や人員の確保、それらを支える宅配インフラの整備に莫大な費用がかかる事業。特に出前館では、自前の配送拠点と直接雇用の配送員を増やすことで、人件費などの販管費が増大。合併や経...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ