ホーム » 田中道昭 公式サイト » 魚屋 マーケティング

魚屋 マーケティング

「業績のV字回復達成」事例

...   不況下でも業績のV字回復を達成できたのか? 実行した主なアクション 業績のV字回復達成 魚の利益構造を分解する はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか? 「なぜこの上場小売会社(XX業界)は不況下でも業績のV字回復を達成できたのか?」田中道昭の豊富な実戦経験のなかから、不況の影響も最も大きく受けている業界における業績改...

続きを読む

田中道昭プロフィール

...イント代表取締役社長 「 大学教授×上場企業取締役×経営コンサルタント」 立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授。 シカゴ大学経営大学院MBA。専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジメント&リーダーシップ。 三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャ...

続きを読む

経営コンサルティングへの思い

... 同時に、店舗レベルや商品・サービスレベルでの業績改善も当社の強みとなっています。お客様の会社における商品・サービスレベルや現場レベルでの業績改善への私自身の強いこだわりは、ホームページ内では「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」で紹介させていただきました。私のお客様の会社における商品・サービスへの思い入れや現場主義を、繁盛魚屋の事例を通じて感じていただければ幸いです。   最後に、「クライアント企業...

続きを読む

経営トピックス

...経営トピックス 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善 ホワイトオーシャン戦略による業績改善 成長戦略としてのM&A バリューアップ/再生戦略 不動産事業プロデュースの手法 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善、ホワイトオ...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...。 最後に、合理性の高い定性・定量分析を踏まえて策定された売上方程式は、どのような要因にどのような施策を実行していくことでより効果的な売上改善を果たしていくことができるかという実務上も明快なマーケティング・ロジックとなるものであることを強調しておきたい。 ...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...上率」等である。この内、本稿のテーマでもある立地条件の根幹を成すものが、「通行客数」や「視認率」である。図表2でも示したように、「入店率」、「買上率」、「来店頻度」等は、立地戦略よりは店舗戦略やマーケティング戦略に属する内容であり、詳細は別稿において紹介していきたい。 立地条件の特徴 このように、立地条件を決定付ける最も重要なファクターは対象立地における通行量である。商業の分野においては、...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ