鮮魚 売上を上げる

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...況期においては、上場企業のデータなどを見ると、小売業全体の売上が低迷しているなかで、食品スーパー会社は比較的健闘していることがわかります。    そのなかでも、特に「生鮮3品」と呼ばれている鮮魚・青果・精肉の売上は底堅い動きとなっています。    これは、食品のなかでも、これらの3部門が特に生活必需品的な商品であること、素材商品であり余分なマージンが上乗せされていないこと、不況で外...

続きを読む

「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略)

...「少量仕入でも利益上げる専門店」→(差別化戦略) 大手食品スーパーの鮮魚部門では、大量仕入により魚の値段を引き下げる努力をしています。   「企画物」と呼ばれるこの商品仕入では、「標準的」なサイズや品質の魚がお店に大量に入荷されます。   一方で、繁盛し...

続きを読む

業績改善のための行動科学

...業績改善のための行動科学 魚を通じてお客様に喜んでいただきなさい。→行動科学 4月は、魚屋でも新入社員が入ってくる時期です。 鮮魚部門に入ってくる新人には、3つのことだけまずは覚えなさいと言っています。 一つ目は、商品である魚をよく知ること。 二つ目は、その魚に強いこだわりや思いをもてるようになること 三つ目は、自...

続きを読む

業績改善のための3C分析

...つけて、アクションを導きだすことができる、そのための有効なツールが3C分析です。 魚屋で実際に行われた3C分析 それでは、街の魚屋を題材にして3C分析を見ていきましょう。 大手スーパーの鮮魚部門は品揃えも豊富で価格も魅力的です。普通の街の魚屋では簡単には太刀打ちできません。大手スーパーでは全国レベルで大量仕入をしており、それが低価格で販売できる大きな要因となっています。  このよう...

続きを読む

業績改善のためのSWOT分析

...T分析 「プロはチャンスのある所に長所を生かしなさい」(SWOT分析) 町の小さな魚屋は、同じ町の魚屋さんはもちろん、近くにある大型スーパーもライバルになります。しかも大手スーパーになると、鮮魚コーナーも広くて魚の種類も多く、値段も安いです。だから、ライバル店と肩を並べるのは本当に難しいことです。 プロはチャンスのある所に長所を生かしなさい。 強力なライバル店舗との競争に勝つために...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...ような不況期においては、上場企業のデータなどを見ると、小売業全体の売上が低迷しているなかで、食品スーパー会社は比較的健闘していることがわかります。  そのなかでも、特に「生鮮3品」と呼ばれている鮮魚・青果・精肉の売上は底堅い動きとなっています。  これは、食品のなかでも、これらの3部門が特に生活必需品的な商品であること、素材商品であり余分なマージンが上乗せされていないこと、不況で外食が減り...

続きを読む

お問合せ

株式会社マージングポイントのメールアドレス

株式会社マージングポイントのお問い合わせ