ホーム » 田中道昭 公式サイト » 鮮魚専門店 利益率

鮮魚専門店 利益率

利益向上

...特に大切にしている利益改善策には以下のようなものがあります。 限界利益や損益分岐点に着目した利益戦略の策定と実行 資産水準や経営インフラを維持する以上の売上を上げていくこと 限界利益率を向上させるためのプロダクトミックスや商材の強化 売上・利益対策としての新規顧客獲得・流出顧客減少・顧客固定化 ニーズの広い関連業務展開による顧客獲得確度の向上とクロスセルでの本業顧客化 ...

続きを読む

顧客と取引先との利益率向上戦略

...顧客と取引先との利益率向上戦略 ...

続きを読む

事業間シナジー創造による利益率向上

...事業間シナジー創造による利益率向上 ...

続きを読む

利益分析ツール

...利益分析ツール 利益分析ツール:損益分岐点分析 利益分析ツール:付加価値分析 利益分析ツール:「クジラ曲線」分析 利益分析ツール: 「限界利益率vs.固定費率」マトリックス 利益分析ツール: 「相乗積」 利益分析ツール: 「交差比率」マトリックス 利益分析ツール: 「利益貢献度」マトリックス ...

続きを読む

はじめに:なぜ「繁盛魚屋に学ぶ業績改善」なのか?

...「不況でも儲けている繁盛魚屋」とは、何か他に商売の秘訣を持ったお店なのでしょうか?   以降で詳しく見ていくように、「不況でも儲けている繁盛魚屋」には、大手スーパーの鮮魚部門ではなく、街の鮮魚専門店のようなところが多いのが特徴です。   大手スーパーが作り上げた「仕組み」に乗らないことを研究して、むしろその「仕組み」に乗らないことをまとめ上げて独自の「仕組み」にしていること。 ...

続きを読む

「魚の調理技術が利益率の明暗を分ける」→(販売戦略)

...「魚の調理技術が利益率の明暗を分ける」→(販売戦略) 魚の販売方法には、ユニット販売と定額販売があります。   ユニット販売とは、例えば「100グラム当り」など重さの単位を統一して魚を販売すること。 この...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ