GMS 消費

商圏分析の手法と実際

...の高い分析が、実際の運営後の成否を大きく左右すると言っても過言ではないだろう。 本稿では、商業施設における商圏分析の手法と実際を紹介していきたい。 商圏の特性と分類  商圏とは、日常的に消費者が来店できる地理的範囲のことであり、そのなかに分布している消費者の数を商圏人口と言う。施設所在地の都道府県や市町村等の行政単位人口ではなく、自動車や徒歩での移動時間で地域を区分するのが正確な方法だ...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...トの各要素も活用しながら、定性・定量分析を行い、対象となる商業施設に最も適した売上方程式を策定していくことになる。尚、来店頻度や購買頻度等、対象となる商業施設にどれだけ来店した上で、実際にそれだけの消費を行うか(いわゆる「コンバージョン・レート」)は、最終的に売上を上げていくには極めて重要な要素だ。これらの要素については、対象となる商業施設が対応する商圏のなかにおいて、「ファースト・チョイスの施設...

続きを読む

商圏分析と売上方程式

...が狭小化していることが観察されている。このような中規模商業施設を対象としてバリューアップ・再生戦略の策定や実行をしていく場合には、複数の売上方程式を併用するなかにおいても、売上を「商圏人口×1人当り消費額×当該マーケットにおけるシェア」に分解した上で、各種の定性・定量分析を実施していくことが不可欠だ。なぜなら、商圏が狭小化している中規模商業施設においては、より大きな商圏を対象とする大規模商業施設以...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...表2は、図表1の売上方程式のなかで、特に通行客数や買上率に着目して「因数分解」したものである。対象となる商業施設における「客数」の最も基本的な「分母」となるものは、図表2の通り、「通行客数」である。消費者が、対象となる商業施設や物販・飲食等の個店を認識し、実際に立ち寄り、最終的にそこで商品・サービスを買上げるか否かは、これらの店舗前を通行する客数(郊外店舗等の場合には車での通行量)が基本になってい...

続きを読む

バリューアップ戦略事例

...講じていったらいいのか。    中規模商業施設を通じて、再生/バリューアップ戦略を学んでいきます。 当社は、企業・事業・店舗・商品など様々な段階での実戦経験を有しています。対象商圏の市場規模や消費額の正確な把握と競合対策も含めたシェアアップのための店舗戦略を実行し、不採算店舗の再生を進めていきます。 assets/images/top/point08.jpg ...

続きを読む

業績改善のための3C分析

...なポイントを同時に考えていくと、そこから導き出される戦略の方向性は以下のような感じになってくると思います。  大手スーパーが標準的なサービス提供で十分に対応できていないきめ細かいサービスを求める消費者層に特化して、魚についての商品知識ときめ細かいサービスという強みを生かしたお店作りをしていくこと。 このお店では、戦略の方向性が3C分析で明確になったことから、さらに詳細な計画をこの本でも紹介...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ