3c分析 不動産

資金/財産

...全ての側面を検討する必要があります。 通常は別々のものと考えられていますが、設備投資を伴う資金調達とともに考慮すると大きなメリットが得られる可能性があるものには、事業承継・資産承継等の相続対策、不動産の有効活用、節税等が指摘できます。 このようなことからも、資金調達に際してはコーポレート・ファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、プライベート・バンキング等ファイナンスの全ての側面に強い...

続きを読む

経営トピックス

...経営トピックス 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善 ホワイトオーシャン戦略による業績改善 成長戦略としてのM&A バリューアップ/再生戦略 不動産事業プロデュースの手法 「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善、ホワイトオーシャン戦略による業績改善、成長戦略としてのM&A、バリューアップ/再生戦略、不動産事業プロデュースの手法など。 ...

続きを読む

商圏分析の手法と実際

...商圏分析の手法と実際 商圏分析の意義 ショッピングセンター、アミューズメント施設、温浴施設、複合施設等の商業施設においては、オフィスビル等の一般的な不動産物件タイプと違って、建物への入居者やテナント付けを行っていくばかりでなく、入居した後でも施設への一般顧客への集客という行為が不可欠となるのが大きな特徴だ。このようなことから、これらの商業施設の新規開...

続きを読む

商業施設の売上方程式

...商業施設の売上方程式 商業施設の売上方程式 売上方程式とは、「売上=数量×単価」のように、売上を構成する要因を「因数分解」して、売上を分析する手法である。他の不動産物件タイプと大きく異なり、施設全体の売上が賃料収入においても最大の関心事である商業施設にとっては、売上方程式はバリューアップや再生戦略を実行する上でも極めて有用な手法である。 売上方程式で典型的...

続きを読む

商業施設における立地の重要性

...商業施設における立地の重要性 立地の重要性を巡る問題意識 欧米での不動産ビジネスにおいては、不動産のミクロ的要因としては、「ロケーション、ロケーション、ロケーション」(「一にも二にもロケーション」という意味)と、立地条件が最も重要であることが強調される。本邦でも、収益還...

続きを読む

多様な選択肢から最適な資金調達を構築する

...きではなく、あくまでも自社や事業の目的を達成していくことが先にありきであることを再認識する必要があります。 資金調達手法の本質を理解する 中小企業の資金調達手法を巡っては、、売掛債権証券化、不動産証券化など一般の経営者にとっては目新しいものが雑誌や書籍に紹介されています。これらはもともと大手企業では一般的となっているものが多いなかで、中小企業分野においては未開拓のものが多く、また業界で実際...

続きを読む

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ