ホーム » ファッション

ファッション

週間新書ランキング第1位&3刷決定

『アマゾンが描く2022年の世界』3刷決定

おかげさまで「アマゾンが描く2022年の世界」、11月18日の刊行から10日目で重版が決定した後、刊行から19日目だった昨日に3刷が決定しました。

また写真の通り、丸善丸の内本店の週間新書ランキング第1位となるなど、アマゾンに加えて多くのリアル店舗でも売上を伸ばしています。

アマゾンでは先週水曜日から在庫切れとなり、以来、重版入荷の来週まで予約販売の状況となっており、大変心苦しく思っております。

また刊行後、本当に大きな反響をいただき、有り難いことであると心から感謝しております。

本書のサブタイトルは「すべての業界を震撼させるベゾスの大戦略」ですが、各種のご依頼をいただいた業界は、出版業界、金融・証券、保険、ファッション、アパレル、小売、テクノロジー、戦略コンサルティング、フィンテックなどに及んでおり、あらためてアマゾンに対する関心と危機感の強さを感じております。

本書の第7章では、「マーケティング4.0でアマゾンを攻略する」など、様々な業種における日本企業の戦略にも直接参考になるような内容も盛り込んでおります。そして明るい材料も盛り込み、読まれた方を勇気づけたいと思って書きました。

引き続きご愛顧いただければ幸いです。

ありがとうございます。

田中道昭

タグ:

Amazonファッションに2018年ファッション業界の地殻変動を感じる

Amazonファッションを見てきました。

Amazonの自社ブランド商品展開については、「ユニクロ×ZARA」の融合という側面があるということを感じました。

著書「アマゾンが描く2022年の世界」の第2章「なぜ今アマゾンは現実世界に参入するのか」のなかで、「ファッションへの進出」というサブタイトルのなかで分析した通りでした。

つまりは、ベーシックカジュアルを取り扱う一方で、コーディネート提案もしているということです。

さらにはファッションジュエリーもAmazonファッションの中核に据えており、ファッション全般における「ベーシックアイテム×トータルコーディネート」を狙っているのではないかと感じました。

セレクトしているアイテムと提示している価格帯も絶妙だと思いました。

Amazonファッションが建設中の品川スタジオが完成すると、アマゾンからは動画や画像を駆使したコーディネート型のファッション提案が積極的になされることを予想します。

*次世代型「ユニクロ×ZARA」のAmazonファッション
*二次流通市場の価格を見て新しい服を購入する動きを加速させるメルカリ
*「超ベーシックアイテム×超フィット感(byゾゾスーツ)」のPBをスタートさせるZOZOTOWN

特にメルカリとZOXOTOWNのゾゾユーズドは業界に破壊的イノベーションを起こすでしょう。

2018年の日本のファッション業界にはクリフエッジ級の地殻変動が起きると思います。

以上ご参考まで

田中道昭

タグ:

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss