ホーム » プロ

プロ

ホーム

「業績のV字回復達成」事例

「業績のV字回復達成」事例

「なぜこの上場小売会社(XX業界)は不況下でも業績のV字回復を達成できたのか?」豊富な実戦経験のなかから、不況の影響も最も大きく受けている業界における業績改善事例を紹介します。

売上向上

売上向上

多業種での豊富な実戦経験に基づく「売上方程式」分析などのツールを活用し、売上向上をキメ細かく確実に実現していきます。

利益向上

利益向上

経営面、販売面、製造面、管理面など多面的な利益向上を豊富な実戦経験から構築された各種ツールを活用して実現していきます。

どん底気分からV字回復達成

どん底気分からV字回復達成

どんなに一生懸命に頑張っている経営者でも、時にはどん底にいるような気分になることがあります。多くの経営者にコーチングをしてきた経験から、「リカバリーショットを上手に打つ」事例をご紹介します。

メンタルマネジメント

メンタルマネジメント

経営者は重い責任や多忙な生活によりストレスを抱えてしまうことがありますよね。「メンタルマネジメント」により、より効果的にストレスを発散したり、悩みを効果的に解決する手法を身に付けていきます。

NLP/コーチング

NLP/コーチング

最大効果を上げるシンプルなポイントに集中して短期に生産性向上を実現、さらに短期のプログラム終了後も、自分自身で確実に継続できる内容を提示していきます。会社の業績改善と組合わせるとさらに効果的です。

成長戦略としてのM&A

成長戦略としてのM&A

M&Aにおいては、会社のビジョンや戦略との整合性が大切です。中小企業に適したM&A戦略とともに、成長戦略としてのM&A取引成功のポイントをアドバイスしていきます。

バリューアップ戦略事例

バリューアップ戦略事例

当社は、企業・事業・店舗・商品など様々な段階での実戦経験を有しています。対象商圏の市場規模や消費額の正確な把握と競合対策も含めたシェアアップのための店舗戦略を実行し、不採算店舗の再生を進めていきます。

不動産事業プロデュース手法

不動産事業プロデュース手法

当社では、お客様における戦略と戦術の実行サポートの一環として、様々な事業のプロデュースや商品・サービスのプロデュースを行っています。そのなかでも不動産事業プロデュースの手法をご紹介します。

お問合せ

株式会社マージングポイントのメールアドレス

株式会社マージングポイントのお問い合わせ

タグ:

田中道昭プロフィール

タグ:

当社の理念・ビジョン

(1)クライアント企業の成長をサポートしていくことで、経営コンサルティングを通じて社会に貢献していくこと

 

(2)「経営戦略×企業財務×行動科学」実戦的アプローチにより、独自性・戦略性・信頼性の高いソリューションを提供すること

 

(3)ミッションマネジメントを通じてクライアント企業の使命感や社会価値の向上に貢献していくこと

 

(4)メンタリングマネジメントを通じて会社や人を元気付け、組織のバイタリティーを強化することに貢献すること

 

(5)「個」(一個人・一企業・一国)としての限界感や閉塞感を打ち破るために、政策提言を行い、つながり感を提供することで社会に貢献していくこと

タグ:

利益向上

当社では、利益向上方程式、店舗収益力アップ、商品収益力アップ、顧客収益力アップ、組織収益力アップ、価格戦略、損益分益点分析、限界利益、付加価値分析、バリューチェーン改善などのツールを活用して利益向上を実現していきます。

特に大切にしている利益改善策には以下のようなものがあります。

  • 限界利益や損益分岐点に着目した利益戦略の策定と実行
  • 資産水準や経営インフラを維持する以上の売上を上げていくこと
  • 限界利益率を向上させるためのプロダクトミックスや商材の強化
  • 売上・利益対策としての新規顧客獲得・流出顧客減少・顧客固定化
  • ニーズの広い関連業務展開による顧客獲得確度の向上とクロスセルでの本業顧客化

利益改善策や利益分析ツールについては、それらの内容の一部を公開しましたので、是非ともご覧ください。

タグ:

ミッション/戦略

当社のサービスは、商品・サービス段階での利益向上、事業・店舗段階での利益向上、経営戦略段階での全社的な収益性向上まで、現場のオペレーションレベルから会社全体の事業収益性向上まで、企業の戦略ピラミッドに対して一気通貫で 業績の向上を実現、あわせて時価総額の増大を図っていくところに大きな特徴があります。

  そのなかでも当社ではミッションを重要視しています。これは、顧客への引力が強く、従業員への求心力が高く、株主から共感性が高いのは、使命や価値観に忠実なビジネスと考えるからです。

そして、明快で共感性の高いミッションも、実際の企業行動や事業そのものに反映されてこそ初めて意義をもつものです。このようなことから、戦略ピラミッドに対して一気通貫で総合的にプロジェクトを遂行しています。

  また企業のミッションに合致したその会社独自の商品・サービスを「USP商品」と定義し、新たな中核商品をプロジェクトのなかでいっしょに開発・リリースしていきます。

タグ:

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss