ホーム » 付加価値

付加価値

利益向上

当社では、利益向上方程式、店舗収益力アップ、商品収益力アップ、顧客収益力アップ、組織収益力アップ、価格戦略、損益分益点分析、限界利益、付加価値分析、バリューチェーン改善などのツールを活用して利益向上を実現していきます。

特に大切にしている利益改善策には以下のようなものがあります。

  • 限界利益や損益分岐点に着目した利益戦略の策定と実行
  • 資産水準や経営インフラを維持する以上の売上を上げていくこと
  • 限界利益率を向上させるためのプロダクトミックスや商材の強化
  • 売上・利益対策としての新規顧客獲得・流出顧客減少・顧客固定化
  • ニーズの広い関連業務展開による顧客獲得確度の向上とクロスセルでの本業顧客化

利益改善策や利益分析ツールについては、それらの内容の一部を公開しましたので、是非ともご覧ください。

タグ:

利益分析ツール

利益分析ツール:損益分岐点分析

利益分析ツール:付加価値分析

利益分析ツール:「クジラ曲線」分析

利益分析ツール: 「限界利益率vs.固定費率」マトリックス

利益分析ツール: 「相乗積」

利益分析ツール: 「交差比率」マトリックス

利益分析ツール: 「利益貢献度」マトリックス

タグ:

「調理と料理の違い」→(付加価値の向上)

魚がお客様の口に届くまでには、「調理」と「料理」の2つのプロセスがあります。

「調理」とは、魚を切り身などに加工すること。

「料理」とは、実際にそのまま食べられるように加工すること。

魚屋で行う作業の大半は、魚を切り身などの状態に加工する「調理」まで。

一方で、おさしみやお寿司などは「料理」までを行います。

「調理」と「料理」では、求められるスキルも大きく異なります。

「料理」までお店でやって売り切っていくことで、職人の総合力が高まり、お店全体の利益も改善されます。

タグ:

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss