ホーム » 全体構造

全体構造

利益向上

当社では、利益向上方程式、店舗収益力アップ、商品収益力アップ、顧客収益力アップ、組織収益力アップ、価格戦略、損益分益点分析、限界利益、付加価値分析、バリューチェーン改善などのツールを活用して利益向上を実現していきます。

特に大切にしている利益改善策には以下のようなものがあります。

  • 限界利益や損益分岐点に着目した利益戦略の策定と実行
  • 資産水準や経営インフラを維持する以上の売上を上げていくこと
  • 限界利益率を向上させるためのプロダクトミックスや商材の強化
  • 売上・利益対策としての新規顧客獲得・流出顧客減少・顧客固定化
  • ニーズの広い関連業務展開による顧客獲得確度の向上とクロスセルでの本業顧客化

利益改善策や利益分析ツールについては、それらの内容の一部を公開しましたので、是非ともご覧ください。

タグ:

メンタルマネジメント

経営者は重い責任や多忙な生活によりストレスを抱えてしまうことがあります。

 「メンタルマネジメント」により、より効果的にストレスを発散したり、悩みを効果的に解決する手法を身に付けていきます。

 NLPコーチングのプログラムのなかで導入するほか、個別でもメンタルマネジメントのプログラムを提供しています。

タグ:

NLP/コーチング

当社では、NLPコーチングを業績改善や戦略実行など実際のビジネス遂行と同時並行的に導入しているところに最大の特徴があります。

企業と個人の目標管理や意識改革のツールとしても実務のなかで活用しており、単に独立した「NLPコーチング研修」ではないところが大きな強みとなっています。

NLPコーチング階段エクササイズなど五感をフル活用したコンテンツが豊富に活用されています。

経営者や経営幹部向けプログラムとして、女性コンサルタントによる「経営者魅了度向上プログラム」の提供も行っているほか、コーチング形式による経営カウンセリングも提供しています。これらのプログラムでは、最大効果を上げるシンプルなポイントに集中して短期に魅力度向上を実現、さらに短期のプログラム終了後も、自分自身で確実に継続できる内容を提示いたします。

タグ:

どん底気分からV字回復達成

落ち込み度段階別メンタルマネジメント

(1)最悪の心理状況でまったく前向きなことが考えられない状況のとき

→「自分はそのままでいい」と思えるようにすること

(2)「落ち込み曲線の角度」が緩やかになり、もう底を打たせたいという心理状況のとき

→「今あるもの」に感謝できるようにすること

(3)どん底から抜け出し少し前向きな気持ちを取り戻したとき

→「リカバリーショットを丁寧に打つこと」

(4)通常の心理状況にあり、好循環を維持したいとき

→「好循環を維持する」

プログラム詳細は別途お問合せください。

タグ:

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss