ホーム » 大学院

大学院

代表者プロフィール

 

「大学教授×上場企業取締役×経営コンサルタント」、立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授、シカゴ大学経営大学院MBA。

専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジメント&リーダーシップ。

三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任し、現在は株式会社マージングポイント代表取締役社長。

小売、流通、製造業、サービス業、医療・介護、金融、証券、保険、テクノロジーなど多業種に対するコンサルティング経験をもとに、「東洋経済オンライン」、「プレジデントオンライン」、「ニューズウイーク日本版オンライン」等にも定期的に執筆中。

主な著書に『ミッションの経営学』、『人と組織 リーダーシップの経営学』(両書とも、すばる舎リンケージ)、『アマゾンが描く2022の世界―すべての業界を震撼させるベゾスの大戦略』(PHP研究所)、『あしたの履歴書―目標をもつ勇気は、進化する力となる』(ダイヤモンド社、共著)がある。

「ニューズウイーク日本版オンライン」連載
http://www.newsweekjapan.jp/m_tanaka/

「プレジデントオンライン」連載
http://president.jp/search/author/%E7%94%B0%E4%B8%AD%20%E9%81%93%E6%98%AD

「東洋経済オンライン」筆者ページ
http://toyokeizai.net/list/author/%E7%94%B0%E4%B8%AD_%E9%81%93%E6%98%AD

連絡先:m.tanaka@jsf-gr.com

http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/bizsite/professor/

タグ:

立教大学ビジネススクール教授着任のお知らせ

日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授に着任し、下記の通り研究室にも入室いたしました。

http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/bizsite/professor/ 

従来にも増してインプットを増やし、世界観・歴史観・人間観等含め様々なことを貪欲に吸収し、教えることの専門家である前に、自分自身が学ぶことの専門家でありたいと考えております。

ビジネススクールでの教鞭も加わりますが、引続き経営コンサルティング等の仕事においても、人や組織の「道(=ミッションやビジョン、在り方の目標)を昭らす」という自らのミッション実現に愚直に努力していきたいと考えています。

未だ若輩者ではありますが、これを機会に、さらに学ぶことや成長することの楽しさを伝えられるような人間でありたいと切望しております。

どうぞ引続き末永くよろしくお願い申し上げます。

最後に、益々のご発展とご健勝をお祈りしております。

ありがとうございます。

立教大学ビジネススクール教授
田中 道昭

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科
田中道昭研究室:            15号館9階M916号
研究室直通電話:           03-3985-4524
携帯電話:                 090-5764-4720
メールアドレス:          
m.tanaka@jsf-gr.com

タグ:

NHK総合テレビ・NEWS WEB出演

10月30日のNHK総合テレビ・NEWS WEBにて以下の通りコメントが紹介されました。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます。

田中道昭

フリップ:
「仲間と仮装する非日常感は、SNSの確実な『ネタ』 SNSの発達と相性の良さから若者を中心に急速に広がった」

井上あさひアナウンサーのナレーション:
ハロウィーンの急成長ぶりの背景として、マーケティングを専門とする立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)の田中道昭(たなか・みちあき)教授は、 SNSとの結びつきを挙げています。

[田中道昭コメント]:
「仲間と仮装する非日常感は、SNSの確実な『ネタ』になる。 SNSの発達に加えて、ハロウィーンの仮装はSNS上で写真を共有したり拡散したりする行動に結びつきやすいという、 “相性の良さ”があることから若者を中心に急速に広がった・・・・・・・・・」

http://www3.nhk.or.jp/news/newsweb/#agoFri

タグ:

朝日新聞朝刊への論評掲載

トップダウンのキャンペーンが成功するポイントについての論評掲載

朝日新聞朝刊への論評掲載

本日5月27日付の朝日新聞朝刊社会面において、プレミアムフライデー及び政府からのトップダウンのキャンペーンが成功するポイントについての論評が掲載されました。

*引用:立教大大学院の田中道昭教授(マーケティング)は、「月末の金曜日は一般的に業務が多く、早く帰れる人は限られる。担い手となる小売りや飲食、サービス業などの中小企業は人手不足が深刻なうえ、逆に忙しくなる。このままでは定着しないだろう」と話す。

【中略クールビズや省エネルック、新生活運動、キッズウイークなどを解説)】

田中教授によると、政府からのトップダウンのキャンペーンの成否は、国民に「やりたい」「できる」「やらねばならない」の三つを感じてもらえるかが重要という。

「例えば、クールビズは楽だしすぐにでき、地球温暖化防止という使命感もある。省エネルックは、見た目からやりたくない人が多かったのだろう」と指摘。

プレミアムフライデーついては、「早く帰りたい人でも月に一度決まった日に帰れと言われてもできない場合もある。月末に一律、という方法を含め、抜本的に見直すべきだ」と話す。:引用*

引き続きよろしくお願いします。

田中道昭

タグ:

BizComでの巻頭インタビュー

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)機関誌BizComでの巻頭インタビュー

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)機関誌BizComにおいて、巻頭インタビューで取り上げていただきました。

真のゼネラリスト育成を目指して

真のゼネラリスト育成を目指して

私のRBSにおける使命感について述べています。

引き続きよろしくお願いします。

田中道昭

タグ:

お問合せ

株式会社マージングポイントのメールアドレス

株式会社マージングポイントのお問い合わせ

  • 株式会社マージングポイントの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 株式会社マージングポイントのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 株式会社マージングポイントに問い合わせ
  • rss