ホーム » 証券

証券

田中道昭プロフィール

タグ:

会社概要

会社概要

会社名 株式会社マージング・ポイント
所在地 東京都千代田区一番町2-7
代表取締役 田中道昭
設立年月日 2006年6月
資本金 1,000万円
業務内容  主な業務内容
①ミッション・ビジョン・バリュー・戦略の策定
②中期経営戦略・経営戦略・事業戦略の策定
③ミッション・ビジョン・バリュー・戦略の実行支援のための教育研修
④リーダーシップ×マネジメント等の教育研修
取引銀行  東京三菱UFJ銀行本店
主要取引先 小売、流通、製造業、サービス業、医療・介護、金融、証券、保険、テクノロジーなどの上場企業及び中堅企業
執筆活動  「ニューズウイーク日本版オンライン」連載
「プレジデントオンライン」連載
「東洋経済オンライン」筆者ページ
講演活動  「アマゾンの大戦略」、「アマゾンvs.アリババ」、「アマゾンvs.グーグル」、「ミッションの経営学」、「人・組織・リーダーシップの経営学」、「セルフリーダーシップ」、「実戦マーケティング戦略講座」

タグ:

多様な選択肢から最適な資金調達を構築する

中小企業オーナー経営者にとって、設備投資を伴う資金調達は、相続対策や節税対策等他の経営課題と取り組む絶好の機会です。自社や対象事業の目的を明確化させた上で、多様な選択肢からそれらの目的を達成していくのに最も適したものを選ぶことが大切です。

自社や事業の目的を明確化させることが最も重要

会社経営を巡っては、もとより顧客、債権者、仕入先、従業員、行政及び規制官庁等様々なステークホールダーが様々な目的をもって存在しています。今後更に事業を拡大し、外部からも積極的に経営面でのサポートや資金を導入していくこととなると、これらの関係当事者との利害の調整はますます重要となります。このようななかで、会社側にまず求められるのは、いかに外部からの資金を確保して事業を拡大させていくかだけではなく、今後のコーポレートガバナンスのあり方も含めて、自社や事業の目的を明確化させるとともに、これらの目標を達成していくためにはどのような事業計画や資金調達が最適であるのかを真剣に検討することです。即ち、資金調達の多様化や手法が先にありきではなく、あくまでも自社や事業の目的を達成していくことが先にありきであることを再認識する必要があります。

資金調達手法の本質を理解する

中小企業の資金調達手法を巡っては、、売掛債権証券化、不動産証券化など一般の経営者にとっては目新しいものが雑誌や書籍に紹介されています。これらはもともと大手企業では一般的となっているものが多いなかで、中小企業分野においては未開拓のものが多く、また業界で実際の案件実績を有しているプロフェッショナルも極めて少ないことから、十分な理解が極めて不足しています。特に大きな問題であるのは、中小企業分野では新種となる資金調達手法が十分な理解や説明がなされないまま言葉だけが一人歩きしてしまい、何か万能なマジックのように誤解されている傾向も出てきていることです。一方で、これらの資金調達手法は、他の業種や他の先進国では一般的となっているものも多く、本質を理解した上で活用を検討していけば、大手企業にとどまらず一般の中小企業にも活用可能なものがあるのも事実かと思います。特に企業の経営者においては、自社や事業の目的を明確化させていくのとともに、これらの資金調達手法の本質を理解していくことがまずもって重要となります。

多様な選択肢から状況に適したものを選ぶ

新たな資金調達手法の本質を理解するのと同時に重要なことは、これらはあくまでも手段であり、その活用に当たってはそれぞれの状況に適したものを選ぶ必要があるということを理解することにあります。ここでいう状況には、会社自体の規模、対象事業の規模、対象事業の収益性、本業とのシナジー効果の有無等が指摘されます。金融機関やコンサルタントによっては、対象となる企業がおかれている状況を十分に把握せずに特定の商品やサービスをセールスするところもあるようですが、あくまでこれらは手段であることを十分に認識することが極めて重要です。

多様な資金調達手段の詳細についてご興味がある方は、当社のグループ企業である株式会社日本ストラテジック・ファイナンス総合研究所HPをご覧ください。

資金調達を経営戦略全体のなかで構築する

中小企業にとって設備投資を伴う資金調達は他の経営課題を同時に解決していく絶好のタイミングです。特に多くの中小企業では法人資産と個人資産が混在していることや経営者の世代交代の時期を迎えていることからも経営戦略の全ての側面を検討する必要があります。通常は別々のものと考えられていますが、設備投資を伴う資金調達とともに考慮すると大きなメリットが得られる可能性があるものには、事業承継・資産承継等の相続対策、不動産の有効活用、節税等が指摘できます。このようなことからも、資金調達に際してはコーポレート・ファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、プライベート・バンキング等ファイナンスの全ての側面に強い実績とノウハウを有するアドバイザーを選択していくことが重要です。

タグ:

サダマツ社外取締役選任のお知らせ

 

 

 

サダマツ社外取締役選任のお知らせ

 

日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

この度、ジャスダック上場のジュエリー会社である株式会社サダマツ(JASDAX株式コード2736)の社外取締役に選任されることとなりました。

 

本日同社HP及び証券取引所より適宜開示された通り、5月14日開催の臨時株主総会にて選任の付議がなされます。

 

http://www.b-sophia.co.jp/IR/documents/rinso130417.pdf

 

サダマツにおいては、2009年2月より経営コンサルタントとして、加えて昨年2月からは経営顧問としても経営支援を行ってきました。

 

さらに別の責務が加わりますが、引続き「ジュエリーに愛と夢を込めて」をミッションとする同社繁栄のために全力を尽くしていく所存です。

 

当社においても、引続き幅広いお客様に対して、経営コンサルティング業務、教育研修業務、志高塾ビジネススクールを始めとするスクール・セミナー業務を提供して参ります。

 

また昨年10月にすばる舎より出版させていただいた「ホワイトオーシャン戦略シリーズI:ミッションの経営学」に引続き、6月には第2弾として「ホワイトオーシャン戦略シリーズII:人と組織の経営学」(仮題)が出版されます。

 

数多くの挫折経験で培った感謝の気持ちと勇気。多くの業種での実戦経験で培った知見。

 

これらが、私が武器を持たずに、余計な肩書きやプライドを捨てて一人の生身の人間として生きていく時の大きな財産であると思っています。

 

そして、それらを身につけてくるためには、沢山の人達からのお恵みやお導きがあったことを心から有難いと思っています。この場をお借りして改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。本当にありがとうございます。

 

社外取締役選任のお知らせをさせていただくのとともに、何卒引続きのご愛顧を賜りますように併せてよろしくお願い申し上げます。

 

ありがとうございます。

 

株式会社マージングポイント

代表取締役社長

田中道昭

タグ:

週間新書ランキング第1位&3刷決定

『アマゾンが描く2022年の世界』3刷決定

おかげさまで「アマゾンが描く2022年の世界」、11月18日の刊行から10日目で重版が決定した後、刊行から19日目だった昨日に3刷が決定しました。

また写真の通り、丸善丸の内本店の週間新書ランキング第1位となるなど、アマゾンに加えて多くのリアル店舗でも売上を伸ばしています。

アマゾンでは先週水曜日から在庫切れとなり、以来、重版入荷の来週まで予約販売の状況となっており、大変心苦しく思っております。

また刊行後、本当に大きな反響をいただき、有り難いことであると心から感謝しております。

本書のサブタイトルは「すべての業界を震撼させるベゾスの大戦略」ですが、各種のご依頼をいただいた業界は、出版業界、金融・証券、保険、ファッション、アパレル、小売、テクノロジー、戦略コンサルティング、フィンテックなどに及んでおり、あらためてアマゾンに対する関心と危機感の強さを感じております。

本書の第7章では、「マーケティング4.0でアマゾンを攻略する」など、様々な業種における日本企業の戦略にも直接参考になるような内容も盛り込んでおります。そして明るい材料も盛り込み、読まれた方を勇気づけたいと思って書きました。

引き続きご愛顧いただければ幸いです。

ありがとうございます。

田中道昭

タグ:

田中道昭へのご依頼・お問い合わせ

  • 田中道昭 公式サイトの「繁盛魚屋」に学ぶ業績改善
  • 田中道昭 公式サイトのホワイトオーシャン戦略による業績改善
  • 田中道昭 公式サイトに問い合わせ
  • rss